フォト
無料ブログはココログ

« 多のう胞性卵巣症候群(PCOS)の漢方 | トップページ | イスクラ 婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)  »

2014年4月 3日 (木)

月経困難症・月経痛と漢方薬

Ca3c0098tiltshift_5
                    片倉城跡公園のサクラ


 女性の健康相談では、からだの状態を把握する上で、月経の状態をお伺いすることがとても重要です。
 女性の身体は男性と違い月経があります。
月経周期・月経日数・経血量・色・塊の有無・痛みなどを確認することにより、からだの様々な状況を知ることができます。
 言い換えると、からだの状態が月経にあらわれやすいと言えるのです。

 月経の悩みで一番多いのが月経痛
 月経時に起こる痛みは、
月経血を狭い子宮頚管を通して押し出すためのけいれん様の子宮収縮で子宮収縮に伴う痛み物質(それをプロスタグランジンと呼びます)の増加、子宮周囲骨盤内臓器の充血やうっ血が原因となって起こります。

 子宮や卵巣に病的異常を伴わないものは機能性月経困難症(原発性月経困難症)と呼び、子宮筋腫や子宮内膜症など、骨盤内の病的状態に伴うものは器質性月経困難症(続発性月経困難症)と呼んでいます。

 漢方では、
・痛みの種類や時期
・経血の色
・塊の有無
・それに伴う諸症状

 痛みの時期では
・月経前から前半に痛む
・後半に痛む場合

 痛みの種類では
・刺すように痛む
・絞られるように痛い
・張ったように痛い
・温めると楽になる、悪化する

などの違いによっても治療が異なります。

月経困難症の場合、基本は「活血化お(血の滞りを改善)」することですが、滞りを起こす原因もしっかりとつきつめて改善することで、器質的異常(子宮筋腫・内膜症)の悪化を防ぐことに役立ちます。

月経困難症を改善することで「子宝」に恵まれることも少なくありません。
毎月、鎮痛剤を服用して過ごしている方やその期間は外出ができない、などでお悩みの方は、漢方を試してみてはいかがでしょうか。
月経困難だけではなく、美容にも良い結果があらわれるでしょう。

みなみ野漢方薬局
042-638-8860
メール相談;mail@minamino-kanpou.com
ホームページ;http://www.minamino-kanpou.com/
子宝周期療法について;http://www.minamino-kanpou.com/kodakara-kanpou.html


« 多のう胞性卵巣症候群(PCOS)の漢方 | トップページ | イスクラ 婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)  »

女性の悩み」カテゴリの記事