フォト
無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月25日 (月)

亀板

Dscf1296

亀 板(きばん)
イシガメ科のクサガメなどの腹甲
子供のクサガメはゼニガメと言う名でペットショップなどで販売されています。
同分類のカメのミドリガメ(アメリカ原産のアカミミガメ)は、日本の生態系を
破壊している問題から、環境省が輸入・販売・飼育の規制するプロジェクト
を開始ました。
(2015年7月;環境省 http://www.env.go.jp/press/101292.html

<効能>
滋陰・清熱・補腎・補血・止血とされ
滋養強壮・足腰のだるさ・不正性器出血・月経過多・動悸・不眠
に応用されます。

<使用方法>
乾燥生の状態では、刻生薬と同様に煎じ
粉末として使用する場合には、炙亀板とします。

亀板膠(きばんきょう)
亀板から得られる膠
亀板と同様の効能ですが、その働きは亀板よりも優れています。
お酒や煎じ薬に溶かして服用します。

※膠についてー
膠(ニカワ)は動物の皮や骨等を原料とし、これを水と共に加熱して製造したものです。
主な成分はコラーゲン
漢方薬の原料として使用されるほか、天然の接着剤として使用したり、油絵などにも
使用されているのをTVで見たことがあります。

類似品
べっ甲


亀板・刻 (中国産) 500g 15.000円(税抜)
亀板膠・刻(中国産) 500g 41.000円(税抜)
※上記の価格は、相場の変動により変更されることがあります。

亀板が原材料として使用されている健康食品
●亀鹿仙(きろくせん) 60袋入 17.500円(税抜) 【試飲できます】

みなみ野漢方薬局
八王子市西片倉2-12-12
042-638-8860

2016年1月23日 (土)

感情をコントロールする

「慎重に考えるものは、顔だけでなく身体全体も思慮深い外見になる」

これは、ドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェ(Friedrich Wilhelm Nietzsche)の名言です。

200pxnietzsche1882

私たちの思考は身体言語(ボディーランゲージ)に影響を及ぼしている
と言うことをお話していきます。

想像してみて下さい。
あなたの目の前にレモンが一つあります。

220pxlemon

コチラの画像をじっと見つめていただいていてもかまいません。

このレモンを、薄くスライスにして、その香り味をイメージして
二つに折って口の中に含んでいるところを
想像してみて下さい。

いかがですか。
しっかりイメージできていれば
口の中に唾液がいっぱいあふれていることでしょう。

このように、思考が身体に影響を与えていることが実感できます。

次に、これまでで何かとても不愉快に感じたこと、悔しかった出来事を
詳しく思いだしてみて下さい。

鏡はありますか?

顔を良く見て下さい。とても不愉快な表情をしていませんか?

そして次に、これまで体験したことの中で一番うれしかったことを
同様に細かくハッキリと思いだしてみて下さい。

もう一度、鏡で顔を見て下さい。
少し微笑んでいませんか。穏やかな表情をしていませんか。

あなたは、今 この短い時間の中で自分の感覚や感情を
瞬時に切り替えていたことに気付きましたか。

精神的或いは情緒的な変動は、生理的変化をもたらします。
それが偏ったり、過剰であるとバランスを乱すことで
様々な疾患を引き起こします。
この原因となる感情を「内情七情」と中医学ではいっています。

逆に、身体的な偏り(肝臓が悪い・呼吸器系が弱い・腎臓が弱いなど)
は、精神面・感情面に現れやすくなりますので
漢方相談では、その方の感情面・精神面から五臓のバランスの乱れを
探ることがあります。

最後に、「感情をコントロールする」
方法をお伝えいたします。

・嫌なことがあった時
・不安になった時
・ネガティブな感情になっている時
・イライラしている時
・なかなか寝付けない時
などに

先程、やっていただいた、これまでで一番うれしかったこと
楽しかったことを具体的にまるでもう一度その場にいるように
想像してみて下さい。
(できれば、その場の温度、匂い、音楽なども想像できると良いですね)

思いだす内容は、いつも同じであるほうが、
瞬時に感情をコントロールすることが可能になります。

それでは、今日も良い一日を!!

2016年1月21日 (木)

漢方 入浴剤②

Ca3c0217

さて、先日調合した漢方入浴剤ですが

試してみた結果

”すばらしい!!”

結果となりました。

腕の張り・痛み

腰の痛みも驚くほど軽減。

また、雪が降っても大丈夫!!

でも、今度は「芍薬甘草湯」を事前に服用しておこうと反省しています。


ゴルフや登山の後、筋肉痛やこむら返りで

悩まされていた方は、「芍薬甘草湯」を試してみて下さい。

運動前に1服、運動後に1服で 筋肉の張りや緊張がほぐれます。

効能効果には1日3回と記載されていますが、

その服用方法はおすすめしません。

もともと、頓服的に服用する漢方薬なので

毎日3回服用するようには、漢方を熟知しているものであれば

そのように指導しませんけれどね。

特に高齢者の方は、十分に注意してください。

2016年1月19日 (火)

漢方 入浴剤

昨日の雪は朝から通勤混乱を招いてしまいましたね。

お店の前は、駐車場なので雪が積もると、”雪かき”が大変です。

でも、開店して6年、積雪経験も積んできました。

道具は ばっちり

着替えも OK

雪かきのコツも良!!

しかし

例年通り、対策でできていないのは

そう 「筋肉痛」

近所にできた”竜泉寺の湯”は、先週朝一で入浴してきましたが、

今朝も朝一(朝6時からOPEN)で入浴してくれば良かったと後悔

しかし、今回丁度良いことに、漢方 入浴剤を作って

試してみようと思い立ったので、作ってみました。

レシピは、サイトでいろいろ調べ生薬系の入浴剤を

まねて作ってみました。

Ca3c0215

内容は
・当帰
・センキュウ
・甘草
・防已
・紅花
・香附子
・陳皮
の7種類

色々と調べると、入浴剤として効果があるのは主に

「精油」成分であることが解りました。

ゆず湯や昌蒲湯も同様に、精油成分が薬用入浴剤として

効果があることが古くから伝わっています。

これで、明日筋肉痛が和らいでいたら、、、
夜、ぐっすり眠れたら、、、、
販売も考えます。


●竜泉寺の湯 http://ryusenjinoyu.com/hachioji/

こちらは、朝6時から9時までに入場すれば680円
炭酸泉なので、温度は低めですが 肌が紅潮して
しっかり温まります。

同時期に、高尾山駅近くにも 温泉施設ができたそうなので
今度 行ってみようかと思います。

高校時代、別府で生活していて、毎日温泉でしたので
温泉にお金を払うなんてと思っていましたが、

いいですね~。

広いお風呂は、サウナもあるし、

水曜日の午前中は入浴日になるかな

2016年1月16日 (土)

セルフメディケーション

 セルフメディケーションは、大切です。

 医師不足による「3分間診療」や医師の過労状態を回避するため
又、保健医療費の抑制からも
セルフメディケーションは大切であると言われます。

 長寿県の一つ 長野県から始まったPPK運動「ピンピンコロリ運動」
の中でも、セルフメディケーションが長寿の秘訣であることが立証されています。


 中医学の古典に「上工治未病」”名医は未病を治す”と記載されていて、
病気になる前に治す。病気にならないように健康維持をする。
ということが如何に大切であるかがわかります。

 漢方薬はその方法の一つであり、その他、ヨガ、鍼灸、按摩なども
セルフメディケーションの為に役立つものです。

 漢方薬局の薬剤師として、セルフメディケーションにおいて気をつけていること
をお話いたします。

 一番気をつけていることは、
「漢方で改善すべき状態なのか、受診勧奨すべき状態なのか」
をしっかり見極めていくことです。

 以前、こんなお話を耳にしました。
「とある薬局において、頭痛の相談でお客様がいらっしゃいました。

その方は、頭痛はよくある状態で、いつもは近隣のドラックストアーで
鎮痛剤を服用していた。と言うことは伺っていましたが、
詳しい問診内容までは伺っていません。

 結果的にその薬局から、鎮痛剤が含まれる”総合感冒薬”を購入し
帰られたそうです。

 しばらくすると、良く効いた!!
と言うことで、追加で商品を数個購入。

 「その後も、何度も頻繁に購入して下さる(経営的に潤い)」

とその薬局の管理者は申していたそうです。」


薬剤師の皆さん、貴方はこの方をどう思いますか?

薬局経営者・管理薬剤師さんはどう感じていますか?

私も、漢方薬局の経営者として、感冒剤が多く販売できれば
とてもうれしいことですが、

薬剤師として、とても恥ずべき行動であると感じ、
より一層、セルフメディケーションにおいて
受診勧奨すべきかどうかの見極めを大切にしようと学ばせて頂きました。

このことを聞いて、一緒にいた薬剤師の方と
「薬剤性頭痛」だね
と話したことを覚えています。

治療援助をすべき薬局が、上記のような場合
逆に、健康被害になる要因となることがあります。

先日の、バス事故、廃棄食品の転売などは、
信頼すべきところからの裏切りで
最悪の結果として、バス事故により
未来ある方の命が奪われてしまいました。

先程の頭痛の相談の薬局には、
「薬剤性頭痛」だから、医師に相談するように勧めることを推奨するように
伝えてもらいましたが、その後どうなったかは聞いていません。

先日、当店でも、さっき医療機関から風邪薬として抗生剤等を処方してもらった
けれど、漢方薬はどうなのかしらと思って、と相談に来られた方がいました。

当然のことですが、医療機関から処方していただいた薬をしっかり飲んで
養生することが大切ですとお伝えして、
風邪を繰り返しやすい体質であると言うことなので、
今の状態がよくなってからまた相談に来て下さいといって帰っていただきました。

薬剤師になってまだ20年、
これからも、多くのお客様の健康相談を責任もっておこなってまいりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

Ca3c0214

これは、毎年恒例の八王子七福神の色紙です。
今年で6枚目
来年で7枚目になり 念願の金の色紙がいただけます。
がんばろう!!

2016年1月 5日 (火)

あけまして おめでとうございます

平成28年 新年 あけまして おめでとうございます
       本年も よろしく おねがいいたします

5日間の冬休みを終えて 4日より新年の相談をスタートいたしました。

皆さま、冬休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。

私のお正月はここ6年同じ行動で、

元日は高尾山での御護摩
そこで初日の出を拝ませていただきました。

Img_20160101_065421

今年の御護摩は7時30分からで、初日の出は、本堂の中から(一番乗り)
拝ませていただきました。

御護摩が終了し
山頂を目指して歩き、

Img_20160101_081443

富士山がきれいに見えました。

帰り道、本堂前にあるおみくじを引き
8番・・・・
次いで長女
8番・・・・
御護摩でばったり出会ったお友達  「頑張って8番引けよ」
46番・・・・(残念!!)

みんなで一斉に開帳!! 
「大吉~」
長女と私は全く同じ内容のおみくじでした。

お友達は・・・・・・。。。。。。。。

気を取り直して、途中で恒例のみたらし団子を食べ

モノレールが混んでいたので、天狗焼きを食べちょっと休憩してから帰宅。

御護摩では、無病息災・家内安全・商売繁盛そして、
お客様の健康改善・妊娠祈願をしてまいりました。

今年も、皆さまの健康相談を漢方を通じてしてまいりますので
よろしくお願い申し上げます。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »