フォト
無料ブログはココログ

« オーストラリアのお土産 | トップページ | インフルエンザ流行!? »

2016年10月18日 (火)

二日酔いの予防と対策に漢方薬

Futsukayoi
(イラスト;いらすとや http://www.irasutoya.com/


肌寒くなり、お鍋にはお酒がよく合う季節となりました。

というものの、わたくしは、家では全くお酒はいたしません。

月に一度の「勉強会」の帰りのお食事の際に

少し飲む程度です。


皆さんはお酒好きですか?

飲みすぎて次の日に、頭痛や倦怠感でお悩みではないですかsad

そんなことにならないために、漢方薬をぜひ利用してみてください。

オススメの漢方薬は

「黄連解毒湯(おうれんげどくとう)」

配合生薬は4種類で、黄連・黄ゴン・黄柏・山梔子

中医学では、清熱解毒薬に分類され、

多くの処方の柱の一つとして用いられています。


私のお客様の例をご紹介いたします。

50代男性、お酒が好きであったが最近飲めなくなってきてしまった。
次の日にもお酒が残るようになり、しんどいので肝臓の機能を
よくする漢方薬がほしいというお悩み。

黄連解毒湯のエキス顆粒を服用いただいたところ、
お酒が飲めるようになり、
酔わなくもなってきたと喜んでくれました!!good

お話はここで終わらず・・・・・・・
お薬を1か月ほど飲んでいただいたころ

お客様の『奥様』がご来店されました。
ご主人の体調がよくなったから奥様も
何か漢方薬の相談かなと思って対応いたしました。、、が

『もう、主人には漢方薬を売らないでください!!pout

「えっ sweat01

『漢方を飲み始めてからお酒の量が増えて困っていますangry

「大変申し訳ございません。そのようなつもりで漢方をお飲み
いただいていたのではないのですが。次回ご主人がご来店されましたら
その旨お伝えいたしまして、対応させていただきます」

数日後、ご主人来店

『うちのかみさん来たんだって、ごめんね』

「ほどほどにしましょうね。以前より増えてしまっては逆に
体調を壊すきっかけとなりますから。」

その後は、漢方の服用頻度が減り
心を入れ替えて楽しくお酒を飲まれたのではないかと思います。

その他にも、自律神経の調子を崩してからお酒が飲めなかった方が
自律神経の調子が整ったのと黄連解毒湯で
お酒がおいしく飲めて、二日酔いしなくなったとご報告いただきました。

飲み会の席で、今日は多く飲みそうだなというときには、
飲む前に「黄連解毒湯」を飲んでみてください。

飲みすぎには注意をsign03

« オーストラリアのお土産 | トップページ | インフルエンザ流行!? »

疾患別漢方薬」カテゴリの記事