フォト
無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月20日 (日)

アレルギー性鼻炎の漢方薬

 私たちは毎日、呼吸をしています。
 呼吸をするために鼻から息を吸い、吐き出しています。

 鼻は、空気中の酸素と同時に、様々な異物である
 ほこり・花粉・虫なども吸い込んでしまいます。

 鼻の粘膜は、吸い込んだ空気を温めたり
 ほこりやごみなどを吸着したりする働きを持っています。

 鼻の粘膜に、ごみやほこり、花粉などが付着すると、
 その刺激が三叉神経を経て呼吸筋に伝えられ緊張と弛緩を起こし
 「くしゃみ」が出るようになります。
 
 このくしゃみをすることで鼻に入り込んだ異物を外に追い出します。
 
 異物の除去は、くしゃみだけでなく鼻水である粘液物質も
 利用して外に追い出そうとします。

 アレルギー性鼻炎は、花粉などの物質が
 粘膜に付着した時にアレルギー反応が起こっている状態です。

 アレルギー性鼻炎は
 平成26年の調査では、全国で70万人以上の患者数で
 その半数が20歳未満の子供たちです。

 漢方では「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」という処方が
 花粉症にとても有効であることは有名です。

 ただ、鼻水が黄色であったり、鼻水がドロドロとしている場合には
 漢方では「熱」が起こっていると考えますので、
 温めていく「小青竜湯」は有効でなくなることがあります。


 そんな時でも、体質を選ばすに使える漢方の鼻炎薬 
 をご紹介します。

 『イスクラ鼻淵丸』です。

 Img_20170820_103210

 これは、我が家の常備薬でもあり、
 
 子供たちが鼻をぐずぐずしているときには
 寝る前に4粒服用させています。
 (大人は1回6~9粒の服用です。)
 
 配合生薬のメインとなるのは
 ソウジシという生薬で、オナモミの果実であり、
 小さなとげがたくさんついているので
 子供のころに、投げて服につけたりして遊んだ経験がある方も
 少なくないと思います。

 その他に、辛夷、菊花、金銀花、センソウ
 が配合され、炎症を抑えたり、詰まりを取り除く働きがあります。

 イスクラ鼻淵丸は、鼻水が透明でも黄色でも
 鼻炎症状を緩和させるのにとても効果があります。

 粒なので、味も気にせず服用できますので、
 鼻淵でお困りの方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

 300粒 大人約33回分 3.942円(税込)で販売中!!

 みなみ野漢方薬局
 八王子市西片倉2-12-12
 042-638-8860
 minamino-kanpou.com

2017年8月 1日 (火)

胃の調子が悪いが六君子湯が効かない

Img_20170714_193928

G.Wに陶芸体験で作成した茶碗が焼き上がりました。
焼く前よりもサイズがだいぶ小さくなりましたが、
とても良い感じに出来上がりました。
(最近太り気味なので 腹8分でちょうどよいサイズです。)

先日
「胃の調子が悪く、医師に相談へ行き、西洋薬やツ●ラ漢方薬の六君子湯や
半夏瀉心湯を服用しても良くならないのは、粉薬では効かないのかしら。
医師が言うには漢方薬は半年は服用しないと分らないと言われるので」
そちらで煎じ薬を試してみようと考えています。

というご相談を受けました。

私のお答えとしては

「漢方薬が合っていないからでしょう」です。

これは、漢方薬に限らず、

例えば
頭痛があって”鎮痛剤”を服用しても良くならない
どんどん悪くなっている

それなのに別の鎮痛剤を探すなんて「的外れ」なことは
しないと思います。

そうです、

「的外れの漢方薬、的外れの診断」
となります。

漢方薬が長期服用しないと効かないなんて、
ありえません!!

だれが言い始めたのでしょうか。

漢方薬に対しての間違った情報です。

漢方薬の中には、治療というよりは”養生”として
服用している方が多くなりますので

それが長期服用→効くまでに時間がかかる
となったのではないかと考えられます。

漢方薬は、すぐに効きます。(治療の目的にもよりますが)

漢方相談を22年続けてきて大切にしていることは
「漢方診断は客観的にとらえる」
ところです。

胃の相談に来たのに、効能に消化器系の症状が
全く書かれていない処方をすることもあります。
むしろその方が多いかもしれませんが。

長年、西洋薬・漢方薬を服用しているが改善されない
そんな場合は、「的外れ」な治療をしているのかもしれん。

変化のないお薬を漠然と続けていて、得られるものは
何もありません。逆に違うトラブルを生みます。

お気軽にご相談ください。


「様々な視点から物事をとらえる人ほどトラブルが少ない」

 

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »