フォト
無料ブログはココログ

« 本年もよろしくお願いいたします | トップページ | 不眠症の漢方治療 »

2018年1月16日 (火)

漢方処方の選び方

P_20180106_171306_mt

漢方薬は、配合されている生薬の種類や容量
の違いによって、効能効果が違います。

その為、適切な漢方薬を服用しないと
効き目がないばかりか
病状が悪化する恐れもあります。

その為、漢方薬を選ぶためには、
本来の体質の特徴・病状の特徴
これまでの変化・経過、
現在の体質等を
しっかりとお伺いすることで
漢方薬を選ぶために必要な
情報を集め
弁証という漢方診断を行うことが大切です。

漢方哲学の基礎である中医学では
身体を5つの臓と6つの腑に分け
身体を構成する要素を、気・血・津液・精
と区別しています。

何かの病に患うということは、
身体を健康に保つための
それぞれの要素に
乱れが生じていると判断します。

乱れたバランスによって現れる
体調の変化にはある特徴や規則
が存在していますので、

その特徴などから、
五臓六腑・気血津液精が
どのように乱れているのかを診断します。

そして、治療方法を考えたあとに
適切な漢方薬を選択するのです。

ただし、この方法は主に慢性的な病気や
体調不良に対して行い

急性症状には、これといった処方が存在しますので
体質を選ばすに処方することがあります。

漢方治療の良いところは
病状を楽にすることだけが目的ではなく
自分の弱点や体質的特徴を知ることで
病気になりにくくするための
自分にあった養生方法を探すことができます。
これは漢方治療の最大の特徴と考えています。

なんとなく体調がすぐれない
病気ではないが以前とはちょっと違う
などの未病(病気の一歩手前)の状態は
早目に対応することが必要です。

そんな時に漢方薬を利用してください。

まずは相談することで、自分の体質の特徴を
探っていきましょう!!

« 本年もよろしくお願いいたします | トップページ | 不眠症の漢方治療 »

漢方基礎知識」カテゴリの記事