フォト
無料ブログはココログ

« 産後の体調不良 | トップページ | 熱中症対策 »

2018年6月29日 (金)

40年来の皮ふの悩み

80代女性の長年の皮ふの改善例をご紹介します。

40年前より首周りから肩にかけて
赤く少し盛り上がりのある状態のところが
かゆみが強くつらくて気分がうつ傾向である。

その他に、うつ・睡眠障害・坐骨神経痛・高血圧・喘息などの
症状もあるが、今は皮膚のかゆみを何とかしたい
というご相談でした。

赤く盛り上がりがあるだけで
盛り上がりの中に
膿や水がたまった状態ではないため、

熱邪というものが原因しているのではないかと判断し
清熱解毒作用のある漢方薬の煎じ薬を
服用していただくことになりました。

あまり外出や運動を行わないということなので
運動のため、お薬は一週間で調合し
一週間ごとにご来店いただくことにいたしました。

3週間目までは小さく変化を感じ
4週間目に明らかにほてりが減少と同時に
かゆみも大きく減少。

5週目には、皮膚は良くなったので
坐骨神経痛によるしびれと痛みの軽減の
漢方薬を調合してほしいということで
そのお薬を調合

8週目には、うつ傾向にあるためそっちの方の
調合をしてほしいとご相談。

しばらくうつ対策の漢方薬を服用を継続し
ご来店時のお悩みの内容によって
漢方薬の調合を変更しながら
健康維持を続けています。

漢方治療では、
病状は体の中で、何かが悪さをしていたり
必要とする働きが低下していたりすると
引き起こされるものと考えています。

病気をひどくしないようにするためには
日々の体調の変化に気を使い
早めに適切な対処をすることが大切です。

古代伝統中医学では、健康を維持することが
大切であると説き、名医は未病を治すといわれます。

その名医は、皆さん自分自身でもあるので
体の変化に気を使い健康長寿を目指してください。

みなみ野漢方薬局 松田哲男

ロシアW杯 日本代表 決勝トーナメント進出おめでとう!!

« 産後の体調不良 | トップページ | 熱中症対策 »

疾患別漢方薬」カテゴリの記事