フォト
無料ブログはココログ

« 血液検査の再検査 | トップページ | 自律神経失調症の治し方・・条件反射 »

2018年7月26日 (木)

痔核(いぼ痔)でお悩みの方へ 手術しない漢方治療

漢方薬は、自律神経系の治療や皮膚病・婦人科には
素晴らしい効果があることは多くの方が知っていますが、

痔核(いぼ痔)にもとても効果的であることを知っていましたか
今日は、痔核を手術しないで改善した方の例を
ご紹介します。

痔核は、肛門の周囲にいぼ状の腫れがあることを言い
いぼのできている場所によって
内痔核・外痔核と分けられます。

どちらも、肛門に負荷がかかり、血流循環が悪くなることで
うっ血して腫れてしまった状態です。

自覚できる症状は、その場所や大きさなどによって
痛み・しびれ・かゆみ・充血感・出血などがあります。

痔核があるけれども、
痔核があること自体を知らないでいる方もいます。

悪くなる前に早めに対策を考えましょう
漢方薬での対策は2種類
内服で、痔核の腫れ・脱肛を改善する方法と
外用(塗り薬)で対策をする方法です。

外用薬・塗り薬で改善された方をご紹介します。

40代の男性 デスクワークが中心
中肉中背、胃腸は弱い傾向であり
排便は毎日あり、便は軟らかいことが多い
辛い物を食べすぎたり、下痢が続くと
切れ痔になったことは何回経験

ある朝、いつものように排便しトイレから出た時に、
肛門に痛いような・かゆいような・しびれているような
違和感があり、残便感かと思いもう一度トイレに行くが出ない。
切れ痔かとも思ったが出血もない

思い切って肛門を鏡で確認してみると
大きい血豆のようないぼが
あることが判明

ネットで痔核(いぼ痔)を検索
ボラ○ノールのホームページを見て
痔に関する知識を学び、
ひどくなると手術をしないといけないと
不安になり、当店のことを知っていたので
内服でなく、外用剤で何かないかとご相談に来店。

デスクワークでうっ血を引き起こしているため
椅子にやわらかいマットを使用することを提案

漢方軟膏は、紫雲膏(しうんこう)
Img_20180726_093935
をお勧めしました。
ウチダ紫雲膏 50g 1650円(税抜)

毎朝、排便後
毎晩、入浴後
の1日2回 小さじ1杯分指にとり
肛門から中にゆっくり詰め込む感じで
入れていきます。
奥に指を入れるのではなく
パテのように、穴に軟膏を詰めるようにします。

詰めた後は、肛門を内側に入れるように
穴をしっかり閉じる運動をします。

この方は1週間続けた結果、
いぼの大きさが半分以下になり
痛み・しびれ・違和感がなくなりました。

軟膏以外では、
内服薬として
乙字湯、補中益気湯、血府逐瘀丸、桂枝茯苓丸
など、状態に合わせて服用して改善していきます。

排便時に違和感がある、少し痛みがある
たまに出血があるなどの場合は
痔核があるかもしれません
一度、調べてみましょう

みなみ野漢方薬局
042-638-8860

« 血液検査の再検査 | トップページ | 自律神経失調症の治し方・・条件反射 »

疾患別漢方薬」カテゴリの記事