フォト
無料ブログはココログ

« 自律神経失調症・・・自律神経のコントロール | トップページ | 満席御礼!! 健康セミナー開催決定!! »

2018年8月21日 (火)

病は気から ~30%は気の病?~

Img_20180817_094244

山梨県 萩原フルーツ農園さんのモモ
もぎ取っておいしくいただきました。
http://hagifruits.net/

隣には笛吹川フルーツ公園があります。
遊びに行くときは簡易テントがあると便利です。
https://fuefukigawafp.co.jp/


「病は気から」ということを多くの方は知っています。
多くの方は、精神力で病を治したり対峙することを
想像していると考えられますが、臨床的調査を
してそのことを証明した結果をご紹介します。

「病の三分の一は気から」
米国の学者の中には
「すべての疾患の少なくとも80%は、心理的な色彩をもっている」
あるいは
「程度の差こそあれ、ほとんどすべての人が、何らかの形で
ノイローゼ的な要因を持ちながら、何とか切り抜けているのが
現状である」と言っている人もある、・・・

九州大学医学部で行った調査の結果をご紹介します。
まず、何らかの心臓の症状を訴えたり、あるいは医師が診断したりして、
内科の外来で心電図の検査を受けた患者の中から、受診の順番に
100人だけをとりだして心身両方面からの細かい検査を行った結果では
心臓神経症(ノイローゼ)が16人、更年期が6人、心配性が2人、
結局、神経症的な例が24人であった。

次いで、慢性のはっきりしない胃の症状を訴える160人の患者に
必要とする様々な検査を行い、一定の薬による治療と心理療法を
行い、約半年間経過を見た結果。
本当に胃炎の病変を認めたのは55%
残りの45%は正常で、うち28%は神経症であった。

その他にも、調査結果が記載されていましたが、
何らかの症状がある人の約30%は、神経症であることが紹介されています。
(池見酉次郎著 心療内科(中公新書)より)

このことから、心と病の目に見えない糸での結びつきが証明され
そのような症状が現れる原因として
様々な状況や環境にうまく適応できなかったために
心だけでなく身体も反応を示して様々な症状を出しているのです。

神経症の病だけでなく、多くの病において
心のケアは治療効果を高めるとして大切なことであることは
漢方相談・カウンセリングをしている経験からも
実感しています。

自律神経失調症は、神経症の一つです。
心のケアだけでなく、適応できなくなってしまった
体質を一緒に改善することが大切です。

お悩みをゆっくりお話しください。
ご相談お待ちしております。
みなみ野漢方薬局 松田
042-638-8860

« 自律神経失調症・・・自律神経のコントロール | トップページ | 満席御礼!! 健康セミナー開催決定!! »

自律神経失調症」カテゴリの記事