フォト
無料ブログはココログ

« 満席御礼!! 健康セミナー開催決定!! | トップページ | ブログサイトのお引越し »

2018年9月 7日 (金)

自律神経失調症・・・観察してみよう

 「予防に勝る治療はない」
多くの方は、病気になってから何らかの対策・治療のための行動を起こしています。

ですが、病気をする前に対策を施すことがもっとも効果的であることは、多くの方が感じているところではないでしょうか。

大病を克服された方ほど、病気の予防である「養生」の大切さを実感し、実践されています。

では、どうして普段から養生しようという意識が弱くなってしまうのでしょうか、普段から健康に自信がある方ならまだわかりますが、そんなに健康に自信のない方があまり養生を意識していないのには訳があるのでは・・・

私が思うのには
何を養生すればよいのかがわからないからではないでしょうか。

例えば、頭痛や生理痛
鎮痛薬等を服用すれば多少改善されますし、一時的な症状なので病気の起こりを深く考えたことがないのではないでしょうか。

でも、しっかり対策をすれば鎮痛剤を服用しなくてもよくなりますし、その他の病気の予防にもなるので養生することは一石二鳥のなのです。

どのような養生すればよいのか
これは、同じ悩みでも人それぞれ違いがあります。その為にも大切なことは

自分の体をよく観察することです。
・いつどんな時に起こりやすいのか
・どのような場所、環境で起こりやすいのか
・決まって一緒にあらわれる症状は何か
・いつも同じ強さの症状なのか、波があるのか
・どんなことをすると少し楽になるのか、逆にひどくなるのか
・からだは冷えているのか、ほてりがあるのか
・便の調子はどうか
・食欲は
・睡眠の質は

細かく自分の体質を考えたことがありますでしょうか。
自分のことは自分が良く知っているつもりでも知らないことは数多くあります。

漢方カウンセリングをしていると本人が気づいていなかった体質的な特徴に気づいていただくことがあります。

病状の改善には、その原因と起こりを明確にすることが大切です。

体質日記などを付けて、ご自分の体質的特徴・変化を観察してみてはいかがでしょうか、きっとお悩みの病状の改善策が見つかることでしょう。

« 満席御礼!! 健康セミナー開催決定!! | トップページ | ブログサイトのお引越し »

自律神経失調症」カテゴリの記事