フォト
無料ブログはココログ

女性の悩み

2016年3月25日 (金)

婦宝当帰膠で月経痛が楽になった

04273001


男には一生経験することのない月経痛

女性の多くの方を悩ませるこの痛み

漢方でも相談件数は多く、

月経の悩みを改善することで子宝に恵まれることも多いため

月経痛を起こす体質が不妊の原因の一つと言われます。


今年の1月から月経痛、排卵障害、貧血、PMSでお悩みの方に

婦宝当帰膠と亀鹿仙を服用を始めていただき、

1カ月目の月経で、月経痛が軽かったと報告いただき、

今月も、今回も月経痛がなく楽でした。(o^-^o)

とご報告いただきました。

毎月悩まされ、その時期になると憂鬱になる「月経痛」

漢方薬がとても有効なので、いつも鎮痛剤で対処をしている方は

一度、お試しください。

婦宝当帰膠は、試飲もできますので、お気軽にご来店ください。

2014年4月19日 (土)

更年期障害と漢方薬

1331371464

 女性のからだは思春期以降月経が発来し、周期的なリズムを刻ます。
年齢がすすむに伴い卵巣の卵の数(原子卵胞)が減少していくと、
排卵が起こらなくなり、それにより黄体ホルモンが分泌されないので
月経が起こらなくなる閉経となります。
 そして、女性ホルモンのみが少量分泌される時期を経て最終的に
老年期へと移行します。
 この性成熟期から老年期へ移行する時期を「更年期」と呼んでいます。

 この性機能の衰退期間には自律神経系や情緒反応などに異常が起きることが
多くなり、様々な不定愁訴症状があらわれます。「更年期障害」です。

 不定愁訴の症状は様々ですが、
冷えのぼせ、ほてり、動悸、異常発汗、頭痛、、血圧の変動
めまい、耳鳴り、難聴、不眠、うつ、イライラ、目のかすみ・乾燥
もの忘れ、集中力の低下、倦怠感、気力低下、筋肉痛、腰痛、
むくみ、頻尿・乏尿、下痢、便秘、食欲不振・過食、口臭、口渇
肥満、やせる、肌荒れ、しみ
などなど
一定した症状がありません。

 しかし、漢方学ではこれらの症状を「血の道」の乱れによって起こるものと
考えているため「血の道」を正すことによりこれらの症状を安定させることが
できるのです。

 血の乱れによる病状は、
①血虚;血の働きの不足
②陰虚;潤い不足
③血お;血の滞り
が原因し
五臓の「肝」「心」「腎」がそれに大きく関わってきます。

 漢方相談では、細かく症状の起こり・リズム・習性などをお伺いし、
体質的要素をからめて漢方治療を決定していきます。

漢方薬を服用することで、体調が整い外出が増え・趣味に力が入り、
海外旅行まで楽しまれる方もいます。

 漢方治療は、症状の改善だけではなくこれから起こる病状の軽減・予防
も行う優れた療法です。
 お悩みの方は、いつでもご相談ください。

みなみ野漢方薬局
電話;042-638-8860
メール相談;mail@minamino-kanpou.com

2014年4月14日 (月)

母乳のつまり

Illust4264thumb


食物繊維が豊富で、便通改善に効果のあるゴボウですが、その種を牛房子(ごぼうし)と呼び漢方薬の原料として使用します。
使用されている処方は、柴胡清肝湯・銀翹解毒散・消風散などで
牛蒡子は「辛温解表薬(しんおんげひょうやく)」に分類され、炎症や熱を発散させる働きで上記の処方の柴胡清肝湯・消風散は皮ふ病でよく用いられ、皮ふの赤み・炎症を抑える働きがあります。

その牛房子は、授乳婦さんたちのお悩みを解決するのです。
それは、「母乳のつまり・乳腺の炎症・痛み」の改善です。

母乳が詰まって炎症がひどくても授乳中のため市販の鎮痛剤が服用できません。そんな時、この牛蒡子を粉末にして服用(種をポリポリ食べても同じ)することで痛みや炎症を改善してくれるのです。
助産師さんたちも勧めている牛蒡子。
お悩みの方は、是非ご相談ください。

2014年4月12日 (土)

冷え症の漢方療法

04243003


 冷えに効く漢方薬を選ぶポイントは、自分の冷えがどのようなタイプなの知ることが大切です。冷える原因は、おおきく次の4つのタイプに分けることができます。

タイプ1;血虚タイプ(温まる原料が不足)
     「かくれ貧血」タイプとも言えます。
※かくれ貧血チェックはこちらから
http://minamino-kanpou.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-ccdd.html

タイプ2;オケツタイプ(循環が悪い)
     月経痛が強い、排卵痛を感じる、頭痛・肩こりも悩み
     などの症状が強いタイプ

タイプ3;水滞タイプ(熱を冷ます成分が多い又は滞っている)
     むくみやすい、低気圧(雨模様)になると体がだるい、肥満傾向
     睡眠障害がある、胃腸虚弱     


タイプ4;腎虚タイプ(温める機能の低下)
     月経不順、無排卵、腰痛、むくみ、高温期が36.7度以下
     頻尿あるいは乏尿、夜間尿

「冷え症」は様々な疾患や体調不良を起こす万病のもとと言われます。
これらの症状でお悩みの方は、漢方療法で体質改善をお薦めいたします。
・頭痛
・肩こり
・便秘
・腰痛
・神経痛
・不眠
・うつ
・自律神経失調
・アトピー
・月経不順
・不妊症
・疲れやすい
・風邪ひきやすい
・免疫力低下

漢方療法は、
・生薬を煮込んで服用する”煎じ薬”
・顆粒タイプの”エキス剤”
・液体タイプの”シロップ剤”
・粒タイプの”丸剤”
等があります。
ご自分のライフスタイルに合わせて、お選びいただけます。

お気軽にご相談ください。

みなみ野漢方薬局
電話相談;042-638-8860
メール相談;mail@minamino-kanpou.com

2014年4月 3日 (木)

月経困難症・月経痛と漢方薬

Ca3c0098tiltshift_5
                    片倉城跡公園のサクラ


 女性の健康相談では、からだの状態を把握する上で、月経の状態をお伺いすることがとても重要です。
 女性の身体は男性と違い月経があります。
月経周期・月経日数・経血量・色・塊の有無・痛みなどを確認することにより、からだの様々な状況を知ることができます。
 言い換えると、からだの状態が月経にあらわれやすいと言えるのです。

 月経の悩みで一番多いのが月経痛
 月経時に起こる痛みは、
月経血を狭い子宮頚管を通して押し出すためのけいれん様の子宮収縮で子宮収縮に伴う痛み物質(それをプロスタグランジンと呼びます)の増加、子宮周囲骨盤内臓器の充血やうっ血が原因となって起こります。

 子宮や卵巣に病的異常を伴わないものは機能性月経困難症(原発性月経困難症)と呼び、子宮筋腫や子宮内膜症など、骨盤内の病的状態に伴うものは器質性月経困難症(続発性月経困難症)と呼んでいます。

 漢方では、
・痛みの種類や時期
・経血の色
・塊の有無
・それに伴う諸症状

 痛みの時期では
・月経前から前半に痛む
・後半に痛む場合

 痛みの種類では
・刺すように痛む
・絞られるように痛い
・張ったように痛い
・温めると楽になる、悪化する

などの違いによっても治療が異なります。

月経困難症の場合、基本は「活血化お(血の滞りを改善)」することですが、滞りを起こす原因もしっかりとつきつめて改善することで、器質的異常(子宮筋腫・内膜症)の悪化を防ぐことに役立ちます。

月経困難症を改善することで「子宝」に恵まれることも少なくありません。
毎月、鎮痛剤を服用して過ごしている方やその期間は外出ができない、などでお悩みの方は、漢方を試してみてはいかがでしょうか。
月経困難だけではなく、美容にも良い結果があらわれるでしょう。

みなみ野漢方薬局
042-638-8860
メール相談;mail@minamino-kanpou.com
ホームページ;http://www.minamino-kanpou.com/
子宝周期療法について;http://www.minamino-kanpou.com/kodakara-kanpou.html


2014年1月23日 (木)

かくれ貧血

230016_2

「血液検査では異常がなくても体調が思わしくない」
これってなんでだろう!?

と思っている女性は多く
・女性は冷えるのが当たり前
・生理痛も起こっても仕方がない
・朝起きれないのは昔から
・生理が乱れているけど出産の予定もないし
・最近、気分が落ち込みやすいけど仕事が忙しいから・・・

これらの悩みは、漢方で良くなるんです。

中医学(日本では漢方と呼びますが)では、
『女性の身体は血(けつ)をもって本となす』
という言葉があり、
女性の健康や美しさには「血」の働きが重要である
と言っています。

かくれ貧血は、貧血と診断されていなくても
・冷え症
・めまい・立ちくらみ
・疲れやすい
・むくみ
・精神不安定
・眼精疲労、ドライアイ
・生理不順
・月経痛
・子供ができない
・抜け毛
・乾燥肌
・アザができやすい
などの症状が3つ以上当てはまれば
「かくれ貧血」と言えます。

近年、漢方相談を通じて女性の健康相談を
伺っていると、「血」の働きが低下していると
感じます。

漢方には、「血」の働きを
・補う
・潤す
・巡らせる(循環を良くする)
改善薬があります。

「かくれ貧血」放置しておいても
良いことはありません。
早めの改善で、悩み解消して、
美しい健康を目指しましょう!!

Img_1239398

みなみ野漢方薬局
東京都八王子市西片倉2-12-12
電話相談;042-638-8860
メール相談;mail@minamino-kanpou.com
ホームページ;http://www.minamino-kanpou.com/