フォト
無料ブログはココログ

疾患別漢方薬

2018年6月29日 (金)

40年来の皮ふの悩み

80代女性の長年の皮ふの改善例をご紹介します。

40年前より首周りから肩にかけて
赤く少し盛り上がりのある状態のところが
かゆみが強くつらくて気分がうつ傾向である。

その他に、うつ・睡眠障害・坐骨神経痛・高血圧・喘息などの
症状もあるが、今は皮膚のかゆみを何とかしたい
というご相談でした。

赤く盛り上がりがあるだけで
盛り上がりの中に
膿や水がたまった状態ではないため、

熱邪というものが原因しているのではないかと判断し
清熱解毒作用のある漢方薬の煎じ薬を
服用していただくことになりました。

あまり外出や運動を行わないということなので
運動のため、お薬は一週間で調合し
一週間ごとにご来店いただくことにいたしました。

3週間目までは小さく変化を感じ
4週間目に明らかにほてりが減少と同時に
かゆみも大きく減少。

5週目には、皮膚は良くなったので
坐骨神経痛によるしびれと痛みの軽減の
漢方薬を調合してほしいということで
そのお薬を調合

8週目には、うつ傾向にあるためそっちの方の
調合をしてほしいとご相談。

しばらくうつ対策の漢方薬を服用を継続し
ご来店時のお悩みの内容によって
漢方薬の調合を変更しながら
健康維持を続けています。

漢方治療では、
病状は体の中で、何かが悪さをしていたり
必要とする働きが低下していたりすると
引き起こされるものと考えています。

病気をひどくしないようにするためには
日々の体調の変化に気を使い
早めに適切な対処をすることが大切です。

古代伝統中医学では、健康を維持することが
大切であると説き、名医は未病を治すといわれます。

その名医は、皆さん自分自身でもあるので
体の変化に気を使い健康長寿を目指してください。

みなみ野漢方薬局 松田哲男

ロシアW杯 日本代表 決勝トーナメント進出おめでとう!!

2018年6月25日 (月)

産後の体調不良

 「女性の体は7年周期で変化する」。
最近は、テレビのCMでも耳にすることが多いこの考えは
古代中医学より長い歴史の中で言い伝えられてきたものです。

 現代でも通用するこの考えは、女性の健康養生のために
とても役に立つものです。

 女性の多くは、更年期前後で体調を崩すのですが、
その他に、妊娠・出産を機に女性の体調は大きく変化することがあります。

 妊娠中に、嫌いだった食べ物が食べれるようになったり、
逆に好きだった食べ物があまり欲しなくなったり、
 産後に、気分がふさぎ込む・イライラしやすい・睡眠が浅い
疲れやすい・頭痛・肩こりが強くなったなど、
様々な悩みの方がご相談に来られます。

 産後に体調不良になってしまった女性をご紹介します。
二人目出産後、子供が夜うまく眠れず世話をしていたため
自身も睡眠がうまく取れなくなってしまった。

 その後、頭痛・肩こり・耳鳴り・めまい・動悸などの症状も
起るようになりこのままでは体がもたないということで
ご相談に来られました。

 漢方の煎じ薬を2週間服用し、体調全般的に楽になり
夜も少し眠れるようになってきました。
 2か月後には、だいぶ安定していたのだが、
ストレスがかかると体調を乱しがちであり
漢方薬で安定していければと服用を継続。


 育児は、多くの人の助けがなければ一人で抱え込むことになり
肉体的・精神的に大きなダメージがあります。

 それでも、子供のために頑張らなくてはと思えば思うほど
悪循環になってしまいます。
 自分ではそんなに頑張っていないという方もいますが、
今、子供をここまで育てたことはとても立派なことです。
 無理をしていないと思っていても、息抜きをすることは大切です。

 漢方薬は医薬品ですが、病気や症状を改善することだけが
目的ではありません。
 ・弱くなった働きを助ける”健康維持”の役割
 ・これから乱れるかもしれない状態を回避する”未病対策”
 ・体力補給、滋養強壮
と肉体的・精神的に健康でいられるように手助けするのが
漢方薬本来の目的です。

 体調管理に漢方薬を服用してみませんか。
 お気軽にご相談ください。

 みなみ野漢方薬局 松田

2018年6月23日 (土)

耳鳴り

Mushi_aburazemi
 当店での漢方相談では、不定愁訴のご相談が最も多く、特に耳鳴り、めまい、睡眠障害、疲労倦怠は重なりやすい症状です。

 耳鳴りは、
・伝音系障害
・感音系障害
・全身性
・心因性
と区別して治療を考えると言われています。

・伝音系では低音性のブーン・シー・ゴーといった音
・感音系では高音性のキーン・チーといった音
が特徴と言われています。

 相談に来られる方の多くは、耳鼻科や内科などで考えられる原因を調べて、治療法がないと言われご相談に来られます。

 漢方では、体調・体質全般を確認し、症状の変化の特徴やこれまでの経過をお伺いし、漢方治療方針を考えます。

 70代男性のご相談をご紹介します。
 数年前から、耳鳴り(ジージーという音)が聞こえ、肉体疲労や精神疲労によって睡眠障害も重なり、疲れやすくなり、食欲不振、気力・意欲が低下してしまっている状態。
 
既往歴:痛風、前立腺肥大の手術
服用薬剤:高血圧で降圧剤、睡眠導入剤

 お話をお伺いしていると、自営業を営んでいて、仕事の時間が不規則であり、生活習慣が一定していない状態。その他に様々な不安や悩みが重なっているということでした。

 漢方の弁証は、心脾両虚であるため、帰脾湯(きひとう)の煎じ薬を服用していただくことになりました。2週間後には、睡眠・食欲・意欲が改善され始め4週間目にご来店いただいたときには、睡眠導入剤を使用しなくても睡眠がとれるようになり、耳鳴りも少し音が弱くなった。さらに4週間後には耳鳴りを意識しなくなり、精神的・肉体的に安定し、毎日散歩を始めるようになったということです。
 調子がすごくよくなったため、煎じ薬の量を半分に減らして服用して安定させている状態。

 耳鳴りのご相談の中でも、治りやすい分類の耳鳴りでありました。逆に、漢方でも治りにくい耳鳴りはありますが、西洋治療でビタミン剤や血流促進剤を服用しても変化を感じないという方は、漢方治療を検討してはいかがでしょうか。

みなみ野漢方薬局
八王子市西片倉2-12-12
042-638-8860
mail@minamino-kanpou.com

2018年2月11日 (日)

受験生にお勧めの漢方薬

P_20180211_101249_df

胡蝶蘭の芽が少しづつ伸びてきました
支柱はもう少し伸びてきてからたてればよいのでしょうか
解りませんが、まっすぐ上に伸びている間は
折ってしまうのが怖いので見守っていきます

オリンピックがはじまり
毎日、ワクワク・ドキドキ・ハラハラしているのは
オリンピックだけのことではなく

この時期は、特に受験生にとって
大切な時期になります。

インフルエンザの流行期
スギ花粉が飛散を始める時期
テレビの誘惑
体調不良
など受験の障壁はたくさんあります

私も精神的に弱いタイプなので
大事な用事や試験に出かけるときには
お腹を壊していました
今でも、ゴルフの前日はよく眠れません
ビリヤードの大会の時には手が震えてラックが組めません
そして、極度の緊張状態になると
食欲不振・嗚咽・吐き気を催してきます。

先日、お客様のお友達の子供が受験で
緊張状態によって
食欲不振・吐き気で落ち着きがない状態なので
緊張をほぐす漢方薬はありますか
と相談されました。

一番の治療薬は、合格通知ですが・・・・

中医学において
吐き気・嘔吐・吃逆(しゃっくり)・噯気(げっぷ)
胃のつかえ・腹部膨満感・胃酸の逆流
等の症状は
胃や食道部において
下に流していく作用が
逆流している状態で
「胃気上逆(いきじょうぎゃく)」
と呼んでいます。

緊張状態によって起こってしまうこの状態を
緩和させるための漢方はいくつかありますが
お客様にお渡しして漢方薬は

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

服用したことで、緊張がほぐれ
吐き気が改善されたと喜んでいただけました。
合格通知も届いたと聞き
更に安心いたしました。
これで、本命に安心して臨めるそうです
ガンバレ!!

その他、緊張からくる腹痛・下痢には
桂枝加芍薬湯

緊張状態による手の震えは
抑肝散又は抑肝散加陳皮半夏

インフルエンザ・風邪対策には
板藍根

花粉・鼻炎対策には
鼻淵丸

をお勧めしています。
その方の体質によっても違う処方のほうが
良い場合もあります。

受験の緊張からくる体調不良は
漢方薬で緩和させてあげると
安心かもしれません。

漢方薬・医薬品を服用の際には
必ず薬剤師にご相談ください

2018年2月 1日 (木)

不眠症の漢方治療

P_20180122_150314_mt

今年も胡蝶蘭の花芽が出てきました
昨年とは違う株からです。

昨年は、途中で花芽を折ってしまいましたので
今年は慎重に育てていきます。

漢方相談では
様々なお悩みの方が相談にご来店されます

睡眠に関するご相談は、比較的多い相談で
・寝つきが悪い
・夢が多い
・夜中に何度も目が覚める
・熟眠できない
・朝起きれない
・日中眠くなる
・昼寝ができない
などなど 睡眠に関するお悩みは様々です。

中医学では、睡眠障害は
様々なきっかけによって「心神」に
影響を及ぼし本来の睡眠を乱すと
考えています。

漢方治療では 西洋薬の睡眠薬とは違いますので
服用してすぐに眠くなるという
目的で服用していただくのではなく

睡眠障害を引き起こしてしまった体質を
改善することで
結果的に 快適な睡眠が得られるように
するというものです

まれに 服用して3日目から眠れるようになった
という方もいますが
過度な期待は
結果が伴わなかったときに

せっかく有効的な治療なのに
途中でやめてしまったり
処方内容をあれこれ変更してしまい
結果 治癒が遅れることになりかねません

というのは
睡眠障害を患っている方の多くが
心理的に
・あせり
・不安
・恐怖
・眠りたいという欲求が強い
という傾向があります

あせりはどのような疾患でも
足かせとなり
お悩みの疾患の原因の一つでもあります

体質から改善したいということであれば
気持ちを落ち着かせ
睡眠障害になってしまった
これまでの経過を相談し
自分に合った漢方薬を服用しましょう

2017年12月 8日 (金)

二日酔い対策に効く漢方

忘年会の季節となりました。
先週末から、週末は忘年会・懇親会と
お酒を飲む機会が増えていませんか。

Illustrain04bounenkai04
私も、個人の薬局ですが
漢方を一緒に勉強する仲間との
忘年会や会合が先週から続きました。

大学生のころは、無謀な飲み方をしていましたが、
社会人となって節度ある飲み方には
なりました。

お酒を飲んだ後は頭痛が
起こりやすいのが悩みの種ですが、

そこは、漢方の力を使用します。

私がお酒を飲む前に服用しているのが

黄連解毒湯・晶三仙・木鶏丹の3種類

黄連解毒湯は、効能効果にも二日酔い
と記載されている、飲酒する際の
常備薬です。

晶三仙は、お食事の消化がスムーズに行くように

木鶏丹は、雲芝(カワラタケ)というキノコと
マンシュウグルミの樹皮のエキスから作られた粒タイプの
健康食品。

中国の東北部、北朝鮮との境にある地区では
木鶏湯として肝臓の病気の方に
愛飲されています。

いつも二日酔いで悩まれている方は
漢方の力を試してみましょう。

2017年11月26日 (日)

不安障害の漢方治療

06383001

 不安障害は、心理的原因によって生じる心身の機能障害の総称
 
 30代 男性 営業職
 体格はやせ形、仕事中や日常生活をしている中で
 気になることを耳にすると、動悸・不安に襲われてしまう
 胃腸が弱く、クリニックから胃薬を処方していただき服用中
 このままの症状が続くことへの不安から漢方相談しようと来店

 普段の体調・体質的には特別問題なく
 動悸や不安が起こらなければ日常生活は良好になる

 消化器系が弱い方は不安や恐怖を感じやすい傾向にあります。
 また、ストレスに対しての閾値も低く、すぐに考え込んだり、
 イライラしたりもします。

 この方には、五臓の肝・脾を整えるために
 抑肝散陳皮半夏と香砂六君子湯のエキス剤を調合

 はじめの2週間は一日3回服用していただきましたが
 2か月後には1日2回の服用、3か月後には1日1回の
 頓服的な服用でも動悸や不安が起こらなくなりました。

 不安や動悸のきっかけが潜在意識の問題でなく起るため
 きっかけがあれば不安が起こってしまうかもしれないのですが

 肝・脾を強くすることによって症状が起こりにくくなり
 成功体験が病状の原因のきっかけを消してくれるでしょう。


 不安や恐怖は、脳にそれを感じる器官がある限りは
 消すことができません。
 逆に、それがあるからこそ、危機回避ができているのです。

 多くの不安障害でお悩みの方は
 不安や恐怖を過度に感じているので、
 過度に反応してしまう原因である体質を
 改善することで症状が起こりにくくすることができます。

 性格の問題ではなく、体質の問題です
 
 漢方治療を試してみませんか。
 お気軽にご相談ください

 みなみ野漢方薬局
 042-638-8860
 薬剤師 松田哲男
 HP:www.minamino-kanpou.com

2017年8月 1日 (火)

胃の調子が悪いが六君子湯が効かない

Img_20170714_193928

G.Wに陶芸体験で作成した茶碗が焼き上がりました。
焼く前よりもサイズがだいぶ小さくなりましたが、
とても良い感じに出来上がりました。
(最近太り気味なので 腹8分でちょうどよいサイズです。)

先日
「胃の調子が悪く、医師に相談へ行き、西洋薬やツ●ラ漢方薬の六君子湯や
半夏瀉心湯を服用しても良くならないのは、粉薬では効かないのかしら。
医師が言うには漢方薬は半年は服用しないと分らないと言われるので」
そちらで煎じ薬を試してみようと考えています。

というご相談を受けました。

私のお答えとしては

「漢方薬が合っていないからでしょう」です。

これは、漢方薬に限らず、

例えば
頭痛があって”鎮痛剤”を服用しても良くならない
どんどん悪くなっている

それなのに別の鎮痛剤を探すなんて「的外れ」なことは
しないと思います。

そうです、

「的外れの漢方薬、的外れの診断」
となります。

漢方薬が長期服用しないと効かないなんて、
ありえません!!

だれが言い始めたのでしょうか。

漢方薬に対しての間違った情報です。

漢方薬の中には、治療というよりは”養生”として
服用している方が多くなりますので

それが長期服用→効くまでに時間がかかる
となったのではないかと考えられます。

漢方薬は、すぐに効きます。(治療の目的にもよりますが)

漢方相談を22年続けてきて大切にしていることは
「漢方診断は客観的にとらえる」
ところです。

胃の相談に来たのに、効能に消化器系の症状が
全く書かれていない処方をすることもあります。
むしろその方が多いかもしれませんが。

長年、西洋薬・漢方薬を服用しているが改善されない
そんな場合は、「的外れ」な治療をしているのかもしれん。

変化のないお薬を漠然と続けていて、得られるものは
何もありません。逆に違うトラブルを生みます。

お気軽にご相談ください。


「様々な視点から物事をとらえる人ほどトラブルが少ない」

 

2016年10月18日 (火)

二日酔いの予防と対策に漢方薬

Futsukayoi
(イラスト;いらすとや http://www.irasutoya.com/


肌寒くなり、お鍋にはお酒がよく合う季節となりました。

というものの、わたくしは、家では全くお酒はいたしません。

月に一度の「勉強会」の帰りのお食事の際に

少し飲む程度です。


皆さんはお酒好きですか?

飲みすぎて次の日に、頭痛や倦怠感でお悩みではないですかsad

そんなことにならないために、漢方薬をぜひ利用してみてください。

オススメの漢方薬は

「黄連解毒湯(おうれんげどくとう)」

配合生薬は4種類で、黄連・黄ゴン・黄柏・山梔子

中医学では、清熱解毒薬に分類され、

多くの処方の柱の一つとして用いられています。


私のお客様の例をご紹介いたします。

50代男性、お酒が好きであったが最近飲めなくなってきてしまった。
次の日にもお酒が残るようになり、しんどいので肝臓の機能を
よくする漢方薬がほしいというお悩み。

黄連解毒湯のエキス顆粒を服用いただいたところ、
お酒が飲めるようになり、
酔わなくもなってきたと喜んでくれました!!good

お話はここで終わらず・・・・・・・
お薬を1か月ほど飲んでいただいたころ

お客様の『奥様』がご来店されました。
ご主人の体調がよくなったから奥様も
何か漢方薬の相談かなと思って対応いたしました。、、が

『もう、主人には漢方薬を売らないでください!!pout

「えっ sweat01

『漢方を飲み始めてからお酒の量が増えて困っていますangry

「大変申し訳ございません。そのようなつもりで漢方をお飲み
いただいていたのではないのですが。次回ご主人がご来店されましたら
その旨お伝えいたしまして、対応させていただきます」

数日後、ご主人来店

『うちのかみさん来たんだって、ごめんね』

「ほどほどにしましょうね。以前より増えてしまっては逆に
体調を壊すきっかけとなりますから。」

その後は、漢方の服用頻度が減り
心を入れ替えて楽しくお酒を飲まれたのではないかと思います。

その他にも、自律神経の調子を崩してからお酒が飲めなかった方が
自律神経の調子が整ったのと黄連解毒湯で
お酒がおいしく飲めて、二日酔いしなくなったとご報告いただきました。

飲み会の席で、今日は多く飲みそうだなというときには、
飲む前に「黄連解毒湯」を飲んでみてください。

飲みすぎには注意をsign03

2016年4月18日 (月)

瘀血改善で認知症対策

 厚生労働省の統計調査において、現在(2010年)、日本では認知症患者は
200万人程度と言われてきましたが、専門家の間では、既に65歳以上の人口の
10%(242万人程度)に達しているという意見もあります。

 高齢化社会の日本では、今後老人人口が増え続け、2020年の東京オリンピック
の時には325万人にまで増加するとされています。

 認知症の原因疾患は、1980年代までは「脳血管性」が多いとされていましたが、
近年では「アルツハイマー性」が最も多いとする傾向にあります。

 厚生労働省では、各関係機関と共に「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」
を27年1月27日に公表いたしました。

 とても素晴らしいことですが、残念な所は、このプランのほとんどが発病後の
サポート体制の充実であり、発病予防や未病対策ではないという所です。

 認知症は神経細胞死の一つであるアポトーシスの進行に伴うもので、
その原因は、脳の血流状態が悪化し、神経細胞に十分な栄養を供給
できなくなったためで、最終的には神経細胞にアポトーシスを引き起こします。

 この血流状態の悪化の問題は漢方でいう「瘀血(おけつ)」の状態であり、
「瘀血」の状態が継続することで認知症を引き起こすアポトーシスを促進している
可能性が考えられています。

 「瘀血」の状態を改善する漢方薬を「活血化瘀剤(かっけつかおざい)」と呼び
その代表処方に、
冠元顆粒・桂枝茯苓丸・血府逐瘀湯・桃紅四物湯:・桃核承気湯等が挙げられ、

 その中でも、冠元顆粒には、明確なエビデンスがあり認知症対策として
最も期待できる漢方薬です。

 冠元顆粒は認知症対策だけではなく、うつ病、糖尿病、腎臓病、高血圧、
肝機能障害など様々な疾患に使用され、多くの臨床結果を残しています。

 実は、私も冠元顆粒を毎日服用しています。
服用を始めて、不整脈の改善・慢性頭痛の改善・睡眠の質の向上・意欲向上・
筋肉痛の早期回復など極めて体調がよくなりました。
(残念ながら増え続ける白髪は止められませんが薄毛にならないのはこれのおかげ?)

 認知症は患う前の予防が肝心です。
60歳を過ぎたら、1日1包でも良いので健康漢方として冠元顆粒を
服用してみて下さい。後悔はいたしません。

 お店では、試飲もできますのでお気軽にご来店ご相談ください。

みなみ野漢方薬局
八王子市西片倉2-12-12
042-638-8860
薬剤師 松田哲男