フォト
無料ブログはココログ

漢方基礎知識

2018年8月 7日 (火)

漢方治療の特徴

現代医学の病気や症状へのアプローチは、以前お話ししたように点でとらえ、
点を改善することを目的とします。

例えば、
・入眠障害であれば「入眠剤」
・便秘であれば「下剤」
・頭痛、生理痛があれば「鎮痛剤」
・血圧が高ければ「降圧剤」
といったように、一つの病状に対して一つのお薬があります。

以前にも何度もお話ししているのですが、
病気は自分を取り巻く外部環境・内部環境にうまく適応できなくなった時に
引き起こされるものです。

環境の変化というのは、別の見方をすると「欲求」で
うまく適応できなくなった状態は「欲求不満」であると言えます。

すべての欲求不満がすぐに心身の障害に結びつくわけではありませんが、
適応する力(体質)が低下した場合には、
その反応が生理機能や心の乱れとしてあらわれてきます。

漢方治療に限らず、東洋学的治療の多く(ヨガ、鍼灸、太極拳、瞑想など)は、
・点で現れている症状と随伴症状との関係性
・生活習慣と病気との関係
・家族、友人、恋人、仕事関係などの人間関係
・幼少期の出来事
など、その人全体を把握することで
適応できなくなってしまった体質の弱点を
補ったり、改善させることを目的としています。

つまり東洋医学は、病気を改善することを目的としているのではなく
病気を引き起こした人を改善するのです。

何かこころやカラダが病んでいる方は、
その病状だけにとらわれず
身体全体的に整えることを考えてみてください。
必ず、解決策が見つかります。

2018年7月24日 (火)

血液検査の再検査

250038

お客様より、次のようなご相談を受けました。
病院で血液検査をしたのだけれども再検査と書かれていました。

ドクターの問診では、コレステロール・中性脂肪が少し高いけれど
問題ありません。血圧も大丈夫です
と言われたらしいのですが。

次回の受診日程に「血液検査(再検査)」と
記載されていたため、
不安でどうしようもなく電話をしてくれました。

本人曰く、「ドクターは検査結果は特に心配いらない
と言っていたのに、再検査とはどういうことでしょうか
心配です。」

それは心配です。
病院側の記載ミスや手違いであればよいのですが
何か大きな問題を隠されていて
もう一度検査したいということだと勘ぐってしまうこともできます。

でも、血液検査をして再度血液検査をする必要は
どういったケースなのでしょうか。

日本予防医学協会のHP
に次のような記載がありました。

要再検査と要精密検査の違いは
要再検査:一時的な変動かどうか確認のためにもう一度同じ検査が必要
要精密検査:治療が必要かどうかを確認するために、より詳しい検査が必要
と書かれていました。
(引用:https://www.jpm1960.org/exam/exam02/faq01.html Q2)

つまり、このお客様の場合、再検査は
一時的な変化かどうかを再確認するための検査であるということに
なります。

ですが、ドクターは問診で問題ないと言っているわけで
矛盾が本人にとって不安になるのは当然です。

様々な憶測ができますが
私はお客様に、今の不安や再検査をどうして行うのかを
しっかりとドクターに尋ねてみましょうと言いました。

また、ドクターの前では緊張して何を聞いていいかわからなくなるので
ちゃんと紙に聞きたいことを書いて尋ねてみましょうとアドバイス
させていただきました。
次回はご主人と一緒に行くそうです。

病院や診療所 ドクターの前ではだれもが多少緊張してしまいます。
病状によっては、ドクターの説明を聞き間違えてしまったり、
勘違いすることもあります。

一人でドクターの説明を聞いても上手く理解できない場合は
同伴者を連れていくか、看護師さんがいれば
後で看護師さんに尋ねてみても良いでしょう。

病気の治療に限ったことではないのですが
勘違いや誤解は双方にとって良い結果を生むことがありません。
疑問点は必ず尋ねるようにしていきましょう。

2018年6月12日 (火)

気血水の気とは何か

先日お客様から、気血水の血と水はなんとなく
イメージがわくのですが、気が何なのかいまいちわかりません。とご質問がありました。

Img_20180604_065718

中医学の本には
「気は、体内を流動する精微物質の一つであるが、主には物質的な基礎のもとに発現する人体の各種の生理的機能に相当する」

漢方医学を学び始めたころは、国語力のない私にとってこの説明を全く理解できませんでした。

その為、気は目に見えないエネルギーであり、生命活動・精神活動に不可欠な要素の一つであると理解していました。

気の概念を理解するには、気の病状から理解する方法があります。

気の病状で主なものは
気虚(ききょ)・気滞(きたい)・気逆(きぎゃく)

・気虚は気の不足   ※漢方では不足しているものを「虚」と表現します
・気滞は気の停滞
・気逆は気の逆行

症状の特徴は
・気虚:無気力・倦怠感・食欲不振
・気滞:憂鬱・腹満・のどのつまり・ガスがたまる
・気逆:胸苦しい・吐き気・呼吸困難・ゲップ
などの特徴があります。

「気」が充実してスムーズに正しい方向へ流れていることが、健康状態であるための条件で、気の流れや力がどのような状態であるかは体の変化として現れてきます。

「気」は何ですか?と言われると、やはり目に見えない物で、精神活動・肉体活動に大切なエネルギーであるといえます。

病は気からとよく言います。気持ちの持ち方で病気との向き合い方が変わるといいますが、気の働き方が病を引き起こすともとらえることができます。

病気は、字のごとく気が病んでいるのですから、病気を治すためには気を整えることが大切なのです。


写真は、平日朝6時55分から放送しているNHK「0655(ゼロロクゴーゴー)」の月曜日だけある「田中さんのくじ、たなくじ」
大吉と出ると、良い一週間になりそうだなと気が躍動してきますね。

2018年4月22日 (日)

治す

Img_20180422_105114

ついに、開花いたしました。
予想通り、紫色の胡蝶蘭でした。
(広告会社より開局祝いに頂いたもの)

胡蝶蘭を毎年咲かせている方がいますが、
コツがあれば教えてほしいものです。

先日、慢性鼻炎でお悩みのお客様が
ご相談に来店されました。

これまでの治療は、
西洋薬、漢方薬と様々
試してきたようですが、

漢方専門薬局で話を聞いてみたいということで
ご来店されました。

ご本人は、症状が少しでも楽になるための
漢方薬を紹介してほしいということでしたので
私の大好きな
イスクラ鼻淵丸(現在は精華鼻淵丸)を
ご紹介いたしました。

奥様は、「これで治るの?」
とご質問されたので

「あくまでも対症療法ですよ
治るというのは
私の理解では
薬を飲まなくても良い状態で
元の健康状態にするということ」
とお話いたしました。

「治る」という定義があいまいなため
受け止める方の考え方で
様々な解釈ができてしまいます。

例えば、高血圧の患者さんが降圧剤で血圧が下がった。
これを、治ったと思う方もいれば、
あくまでも、血圧を下げただけで
本質的な原因が治っていないと思う方もいます。

私は後者の考えであり、
中医学・東洋医学は基本
後者の考え方であります。

病気を治すためには
病気の核心が何かを突き止めなければ
その病気を治す治療方法は見つけられない
と考えています。

その為、漢方相談という形で
現在の状況・これまでの病気の流れ
生活環境・生活習慣などを
時間をかけてお伺いし
病気の核心は何かを

一緒に導き出していくことが本当の治療です。

対症療法は、
・現状を楽にし、QOLを向上
・この先考えられる悪循環をおさえ予防
です。

私の奥様は調剤薬局(西洋専門)で働いておりますが、
患者さんの多くが、どうしてこのお薬を
飲んでいるのか、何を目的にしているのかを
理解していないように感じています。

実際、当店にご相談に来られるときには
お薬手帳を見せていただき、
その内容について質問をしますが
正しく理解できている方が少ないと感じます。

治療の方向性・必要性を正しく理解することが
その治療効果を高めることは
プラセボ効果が立証しています。

病気を治すとはどんなことなのか、
今飲んでいるお薬はどんな目的で
飲んでいるのかを考えてみてください。

その為に医師・薬剤師に
自分の服用しているお薬の
目的を聞いてみましょう。

2018年1月16日 (火)

漢方処方の選び方

P_20180106_171306_mt

漢方薬は、配合されている生薬の種類や容量
の違いによって、効能効果が違います。

その為、適切な漢方薬を服用しないと
効き目がないばかりか
病状が悪化する恐れもあります。

その為、漢方薬を選ぶためには、
本来の体質の特徴・病状の特徴
これまでの変化・経過、
現在の体質等を
しっかりとお伺いすることで
漢方薬を選ぶために必要な
情報を集め
弁証という漢方診断を行うことが大切です。

漢方哲学の基礎である中医学では
身体を5つの臓と6つの腑に分け
身体を構成する要素を、気・血・津液・精
と区別しています。

何かの病に患うということは、
身体を健康に保つための
それぞれの要素に
乱れが生じていると判断します。

乱れたバランスによって現れる
体調の変化にはある特徴や規則
が存在していますので、

その特徴などから、
五臓六腑・気血津液精が
どのように乱れているのかを診断します。

そして、治療方法を考えたあとに
適切な漢方薬を選択するのです。

ただし、この方法は主に慢性的な病気や
体調不良に対して行い

急性症状には、これといった処方が存在しますので
体質を選ばすに処方することがあります。

漢方治療の良いところは
病状を楽にすることだけが目的ではなく
自分の弱点や体質的特徴を知ることで
病気になりにくくするための
自分にあった養生方法を探すことができます。
これは漢方治療の最大の特徴と考えています。

なんとなく体調がすぐれない
病気ではないが以前とはちょっと違う
などの未病(病気の一歩手前)の状態は
早目に対応することが必要です。

そんな時に漢方薬を利用してください。

まずは相談することで、自分の体質の特徴を
探っていきましょう!!

2017年12月 7日 (木)

健康とは、長生きの秘結

 健康である状態はどのような状態でしょうか、

 ・病気をしていない
 ・薬を飲んでいない
 ・ご飯がおいしい
 ・よく眠れる
 ・趣味、学問がはかどる
 ・気力が充実している

 どれも健康であると言えます。

 東洋医学の哲学書ともいわれる「黄帝内経」では、
 人は百歳をこえても衰えず、心身共に健やかで寿命を全う
 することができると言います。

 その為には、養生のことをよく心得、四時陰陽に応じて暮らし
 ・飲食には節度があり
 ・寝起きは規則正しく
 ・無理なく働く
 そうすることで天寿を全うできる。
 と答えています。

 ※黄帝内経(こうていだいけい)
 昔、中国に「黄帝」という聡明な方がいました。その方は
 人々から敬愛され帝王に推戴されました。
 黄帝内経はその黄帝と師の岐伯との問答の形で、
 東洋医学の思想、養生を語った古典名書です。

 東洋医学では病気になるのは、
 自然界の「邪気」がもとで体内に侵入したときであり、
 「邪気」が体内に侵入しやすくなったのは

 体内の「栄気」が滞り、「衛気」が弱まることで
 「邪気」の侵入を許してしまうのです。

 生まれつき、身体の強さである器が強い・弱いは
 あるのですが、

 強く強靭な器であっても、乱暴に扱えばすぐに壊れるし
 弱く壊れそうな器であっても、丁寧に優しく扱えば
 十分に使い続けることができるのです。

 つまりは、養生を心得て、無理なく自然に生きるている
 状態が健康であると言えるのです。


 漢方相談で、大病を克服された方は、
 「病気をして初めて健康である、命の尊さを感じる」
 と言われます。

 意識、気づきがあればだれでも健康で長生きできます。
 
 健康とは何かを考えてはいかがでしょうか。

★参考文献:まんが 黄帝内経ー中国古代の養生奇書

2017年11月27日 (月)

漢方の魅力

01373002

 漢方薬治療は、紀元前より経験的に使用されてきた
治療で、現代病にも応用が利く素晴らしい治療です。

 現代医療の現場でも漢方薬を使用する割合が増加し
臨床的データーも増え、漢方を科学的にとらえることが
できることは素晴らしいことです。

 ですが、現代医療の現場では未病対策・予防医学は
健康保険の対象にならないために、現代医療の現場で
は検査しても異常がない場合には、異常なしと判断して
終了となってしまいます。

 検査で異常がなくても、ストレスとなる症状がある場合
改善したいと誰もが思うところですし、身体もそれを欲し
ているために症状として訴えるのです。

 本来ならばそのような状況を改善するのに最も
適しているのが漢方薬です。

 状況が悪化してやっと病名がつけられた時には、
病状がこじれてしまい、改善へ導くために困難になる
こともあります。

 有名な話ですが、中国の古い医学書「黄帝内経」
には『上工(名医)は未病を治す』と記載されています。

 古くから、病気になってから症状・病状を改善するよりも
病気になる前に対策をして、病気の根本を
治すことが大切であることを伝えてきました。

 漢方治療の大きな魅力はそこにあり、
相談をしていく中で、根本的な原因を突き止め
改善できる喜びは、患者さん本人と同様に
治療援助者としても何よりもうれしいことです。

 ・なんとなく調子が悪い
 ・検査しても異常がない
 ・これからどうなるか心配
という方は、ぜひ漢方療法で未病対策をお勧めします。

 みなみ野漢方薬局
 042-638-8860
 薬剤師:松田哲男

2017年5月19日 (金)

気・血・津液・精について・・・水(津液)・精

3つ目の身体の基本物質 水(津液)と精について
ご紹介いたします。

水(津液)は身体に必要な水分のことで、
唾液、胃液など体の中で分泌される液体状の物質のことで、
水は中医学では「津液」と呼び

その働きの違いから「津」「液」と分けています。
「津」はさらさらしているもので、身体を潤し
「液」は少し粘り気があり、関節、臓腑、脳などに存在し身体の動きを
滑らかにする働きがあります。

津液ととはお互いに変化しあっていますので
津液が不足すると血も不足します。


精は、生殖機能と深いかかわりがあります。
生殖機能は五臓の「」と関係があるため

精は「腎」に蓄えられるので「腎精」と呼んでいます。
その為、精の働きは「腎」の働きと同じで、

その他、精の一部は血に変化します。

気は、取り入れた栄養を原料として血・津液をつくり
血・津液は気と一緒になることで全身を巡り
血を精へ変化させたり、津液を尿や汗に変化させる働きがあります。

気・血・津液・精はそれぞれ独立した物質ではありますが
それぞれが働くためには互いの相互関係が必要なのです。

2017年4月14日 (金)

気・血・津液・精について・・・血

前回に引き続きまして、血についてご紹介します。

「血」は、飲食物より得られた栄養素をもとに作られるものと、
「腎精」が「血」に変化したものがあります。

「血」は脈管内にあり全身を巡り、全身の組織・器官に
栄養分を運び・潤いを与えます。

中医学では、「血」をただの栄養素や運搬役としてだけではなく
思考・感情・判断などの精神活動と密接に関係している
重要な物質と位置付けています。

「血」というと『血の道症』と言われる婦人科系の
疾患が関係しやすいと思われがちですが

肉体的・精神的に健康である状態を指す言葉に
「血気盛ん」とあるように、
「気血」が充実していることは、
肉体的な健康だけではなく
精神的な健康にも深くかかわっていることを
示しています。

相談の多い疾患である
自律神経失調症やうつ病・不眠症などの原因も「血」の異常が
大きく関係しています。

漢方には、「血」の働きを補い・高める働きの薬があります。

精神的に疲れている状態は「血」の働きが不足しがちである証拠です。
食事をしっかりとって、睡眠を充実させることで、
「血」の働きを高めることができますが、

それだけでは疲労や精神的乱れが改善できない場合には
漢方薬が健康状態を助けるために大きく役立ちます。

少しの乱れの状態を「未病」といいます。
病気の一歩手前です。

病気を発症してからでは治すのにも時間がかかり、
症状もつらくなります。

「未病」の状態を楽観視せずに
しっかりと整えてあげましょう。

次回は「水・精」についてご紹介します。

2017年3月21日 (火)

気・血・津液・精について・・・気

気・血・津液・精はからだを活かしていくために必要な基本物質。


気:気は目に見えないエネルギーで
  カラダを温めたり、血を全身に巡らせる働きがあります。
  気が身体を巡る通り道を経絡(けいらく)と言います。

血:血は栄養を豊富に含み、全身を巡って身体のあらゆる場所に
  栄養を与えます。

津液:津液は身体に必要な水分で
  さらさらしている「津」と少し粘り気がある「液」があり
  「津」は身体を潤す働きがあり
  「液」は関節、臓腑、脳、髄などに存在しています。

精:精は生命の源となっているもので「腎」に蓄えられているため
  「腎精」とも呼ばれています。
  腎精は、両親から受け継いだ「先天の精」に、摂取した飲食物から
  つくられた栄養物質が原料の「後天の精」を与えることで補っています。


気の種類:
 気はその働きによって呼び名があります。
 ①元気:すべての気の源
      先天の精(両親から受け継いだもの)を基本とした気で
      生命力・生命エネルギーに相当します。
 
 ②宗気:胸中の気ともいわれ、吸い込んだ気(清気)と
      飲食による栄養物質から得られる気(水穀の気)
      が合わさってできた気がいったん胸中に集まったもので
      その後、全身に送られます。

 ③営気:血液中を流れている気で、血を生成して
      全身に栄養と潤いを与えます。

 ④衛気:営気は脈管内にありますが衛気は脈管外にあり
      体表面を保護し外邪(邪気)が体内に侵入しないように
      しています。
      また、汗や体温を調整する働きもあります。

気の主な働き
 ①推動作用:気は血、津液、排泄物を動かして全身に循環させています。
 ②温煦作用:身体を温めて、体温を維持します。
 ③防御作用:体表に気を巡らせて、外からの邪気(外邪)が侵入するのを
         防ぐ働きで「衛気」の働きの一部
 ④固摂作用:血・津液などの液体状のものが漏れ出るのを防ぐ働き。
 ⑤気化作用:物質変化のことで、この働きによって気・血・津液・精は
         それぞれ代謝し、必要となるものに変わります。
 ⑥営養作用:摂取した飲食物を吸収できる栄養物質に変えて
         全身に送る働き

気の乱れを起こした状態は以下のようになります。
 ①気虚:気が不足した状態→疲れやすい、風邪ひきやすい
 ②気滞:気の巡りが滞った状態→イライラ・腹部膨満感
 ③気逆:気が上昇する気が強く、降りる気が不足
      →イライラ、のぼせ、頭痛
 ④気陥:上昇する気が弱く、下に降りすぎている状態
      →内臓下垂、下痢
 ⑤気脱:気を身体にとどめておくことができずに外に逃げている状態
      →大量出血、大量の発汗

以上が「気」の種類と働きになります。
次回は「血」の働きについてご紹介します。